【FGO】独断と偏見で選ぶFGO事件簿ベスト3

2021年3月6日

どうもぽろんすです

今回は5年以上というFGOの長い歴史の中から個人的にヤバいと思った事件を3つ紹介したいと思います(リリース初期のメンテ地獄の件は除きましたアレを含めるときりがないので(笑)

 

第3位 マーリン復刻twitterトレンド1位

2016年末に実装された後、多くのプレイヤーの要望がありながら長い間復刻がなかった当時の最強サーヴァントマーリン。そのマーリンが2017年9月20日の1000万DL突破記念においてついに復刻されました。これによってFGOプレイヤーたちはお祭り騒ぎになり、twitterトレンドではマーリンが1位に

ガチャ開始とほぼ同時刻に発表された安◯さんの引退発表をぶち抜き歴史的快挙?を成し遂げました。

 

第2位 年末の魔神柱大伐採キャンペーン

2016年末第一部シナリオ終章、物語も佳境を迎え多くのプレイヤーが最後の戦いに挑む…

というシリアスな雰囲気が一変

美味しい素材を落としまくる魔神柱の存在によって、年末のFGOは素材とり放題QP掘り放題の違う意味での地獄と化しました。

特に心臓を落とすバルバトスに至っては『殺したかっただけで死んでほしくはなかった』という名言をプレイヤーたちから生み出すほどの狩られっぷりでした。

一人プレイが主のFGOであのときほど競争を意識したことはないですね(笑)

 

第1位 騎の輝石事件

そうあの事件はFGO冬祭り2017ー2018冬のファラオ大感謝祭のキャンペーンとして発表されたログインボーナスが発端でした。

まさかの騎の輝石1個配布

プレイヤー全員が目を疑いました。秘石ならともかく輝石?しかも1個?

初心者プレイヤーでも必要としていないであろうアイテムの配布にプレイヤーからはケチマンディアス、ケチファラオなど様々な罵詈雑言が飛び交いました。

金ぴかの王様は星4サーヴァントの配布とかしてたから余計にえぇ~(~_~;)ってなっちゃいましたよね

いまだにこれが一番印象に残ってるのは悲しみ…

 

他にも大なり小なりFGOの事件はあるのですが、今日はこんなところで

あくまで僕の勝手なランキングですのでご了承ください(ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

では今回はここまで

ありがとうございました